2012-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと3週間

 変わり映えのしないタイトルだが、実感である。あと3週間でこの学年が終わってサバティカルに入ることができるのだった。
 昨水曜日は、朝大学へ。スピーチコンテストに出る学生と会ってから、資料をコピーしたりの雑務。大学にバインダーをもらいに行ったら、とても新品とは思えないものを悪気なく出して来られたりして、いつものことながらなかなか物事はスムーズに進まない。まあ私も、物事を効率的に進めるという姿勢はとっくの昔に捨てているのだが。疲れたらすぐ寝る、不愉快なことはさっさと忘れる、というきわめて即物的な対処法で乗り切っている日々である。12時から2時まで1年生のクラス。学生たちも疲れている様子。2時に同僚の先生とアズリエリのショッピングセンターに行って昼食。アメリカンベーグルの店でセットを注文したら、とてつもない量の各種クリームチーズやサラダがついてきた。チーズというのは、最初はおいしくても、もうこれ以上は一口もだめ、という瞬間が急に来るような気がする。夕方帰宅。出版社から日本語の売れている本を読んで、ヘブライ語訳を出すかどうかについての意見をレポートせよ、という仕事の本が来る。それはいいのだけれど、この出版社は私の名前をHomomoriと記録しているようで、その宛名でも無事に着くものだからいつも訂正しそびれ、もう何年も私はHomomoriのままなのであった。疲れたのでそのまま寝る。
 今日木曜日も早朝大学へ。8時から12時までの古文は、雨月物語、夢応の鯉魚を最後まで。古典として残っている作品は、やはり独特の味わいがあるのだということを改めて感じる。12時から2時までは3年生。2時にまたスピーチコンテストに出る学生と会う。スピーチを聞いているうちに、パフュームのメンバーの名前は彼が言うような「かしゅか」ではなく、「かしゆか」であったことを記憶の底から思い出す。教員としての唯一の貢献は、「かしゆか」の発音を直したことだけであった。この人は1年生なのだが、3年になったら現代日本語も古文も取りたいという。通常の学費の枠内で取れる語学の授業の時間数は決まっているから、両方履修届けを出して取るならエクストラのお金がかかるのではないか、と言ったら、お金が必要ならもちろん払うつもりだと言われる。しかし日本語の古文を取るのにそんなお金を払う価値があるのか。スレイヤーズや戦国バサラに出てくる日本語が分かりたいのだそうだ。夕方帰宅。
スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

levyyamamori

Author:levyyamamori
山森みか
Mika Levy-Yamamori Ph.D.

以前の日記は
http://www.geocities.jp/mikayamamori/

コメントは承認制なので反映に時間がかかるかもしれません。
連絡は、yamamori @ post.tau.ac.il まで (アットは半角、スペース抜きで)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (228)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。