2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスメ

昨日の連想から化粧について。私はつい最近まで、化粧とかスキンケアについては、心からどうでもいいと思ってきた。今でもどうでもいいと思っていることに変わりはないが、娘があまりにもそっちに関心を向けているので、何ゆえそこまで、という疑問から、多少は考えたほうがいいのでは、という気持ちになった。スキンケアとかエステは、まあ入浴の延長というか、体と肌をキレイにして、いい香りをつけ、潤いを保ちたい、という「私の幸福感」方向で理解できる。化粧については、どういう服を着るかという選択の延長線で、一種の武装というか、外に出るときの気合というか、外の世界に対して自分をどう見せたいかの表出という側面(異性に対するアピールと社会に対する異議申し立てを含む、異議申し立てというのは、ゴスロリとかの素顔を隠す過剰メイクや、私みたいな「どうでもいいんです、そういうことは、私に役割を押し付けないで」という主張のノーメイクもその一種だろう)と、自分の外見を、そうありたい自分に修正する、という側面があるのだと思うけれど、違っているのでしょうか。どこにも行かないのに、朝から付け睫毛をつけている娘を見ていると、そんなに睫毛が長くなりたいの?と思ってしまう。第一ジャマじゃないのか? ちなみに付け睫毛は、イスラエルにもようやく入ってきて、今3種類ぐらい売っているのだそうだ。でも日本の製品のほうが、断然いいらしい。娘がこの間ハイファのショッピングモールに友達と行ったとき、トイレで見知らぬ女の人(発音からして多分アラブ人の女性だったらしい)に声をかけられ、その睫毛と化粧、すごくいいわね! 私はこれからデートなんだけどちょっと私にもやってみてくれない?、と言われて、やってあげてすごく喜ばれたのだと言う。私にはないコミュニケーションスキル。しかしここで、みんな濃い顔で自前の睫毛がバサバサある上に、そんなものを無理やり糊でくっつけて、重たくないの?  
スポンサーサイト

コメント

>化粧については、...異性に対するアピールと社会に対する異議申し立てを含む、異議申し立てというのは、ゴスロリとかの素顔を隠す過剰メイクや、私みたいな「どうでもいいんです、そういうことは、私に役割を押し付けないで」という主張のノーメイクもその一種

このくだり、非常に腑に落ちました。私も異議申し立てのノーメイク派ですが、本当に気にならない側面もあり、この、役割を押し付けるな的側面もあります。なんかすっきりしました。ありがとう!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

levyyamamori

Author:levyyamamori
山森みか
Mika Levy-Yamamori Ph.D.

以前の日記は
http://www.geocities.jp/mikayamamori/

コメントは承認制なので反映に時間がかかるかもしれません。
連絡は、yamamori @ post.tau.ac.il まで (アットは半角、スペース抜きで)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (228)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。