2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコット続く

まだスコットの最中で学校は休み。郵便局なども昼間での営業で、たいへん混んでいる。昼から、一家4人でハイファに行き、ずいぶんご無沙汰していた街中の肉屋で、豚肉、合挽き肉(こういう店でないと、合挽きはない)、ベーコン、ソーセージなどをまとめ買いする。その近くの老舗のデリカテッセンというか、輸入食品を扱っているSuidanに行くが、かつては豊富な品揃えだったものが、今はロシア系やアジア系、自然食品の店やスーパーがたくさんできているため、品揃えが見劣りする割りに値段が高すぎ、世の中に取り残されている感あり。
帰りの車中で、明日の午後、捕虜交換が実行される予定のギルアド・シャリットについての報道を聞く。うちはめったにそういうことはしないのだけれど、クルマにギルアド返還を求めるしるしの黄色いリボンを下げていた。大学でも、ギルアド返還を求める運動の一環なのだろう、教室の席の一つに「ギルアドの席」と書いた紙が貼り付けられたりしていた。しかしギルアド・シャリットと、1000人以上のパレスチナ人の交換については、多くの批判があるのも事実。釈放するパレスチナ人の中には多数のテロ実行犯が含まれており、彼らが将来的にテロを行って失われるかもしれない人命への責任。このような条件で交換に応じたらハマスを勢いづかせ、将来同じようなことが起きることへの懸念。また、敵国で捕虜生活を送っていた兵士が帰還した後のサポートをしている団体の代表の話を聞く。5年以上にわたって、一人で収監されていた若者が、どのような肉体及び精神状態で戻ってくるのか。そもそも明日この黄色いリボンがはずせるのか。帰還後の通常生活への復帰の道のりについては、各人さまざまで、決まった方法というのはないのだそうだ。問題なく復帰できる人もいれば、長い時間をかけてもうまく復帰できない人もいると言う。明日の午後、全国が固唾を飲んで報道に注目することだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

levyyamamori

Author:levyyamamori
山森みか
Mika Levy-Yamamori Ph.D.

以前の日記は
http://www.geocities.jp/mikayamamori/

コメントは承認制なので反映に時間がかかるかもしれません。
連絡は、yamamori @ post.tau.ac.il まで (アットは半角、スペース抜きで)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (228)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。