2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男言葉と女言葉

このたび成り行きで、聖書の日本語訳についていろいろ考えなければならない立場になったのだが、いくつか問題点を整理するために、思いつくまま不定期に書いていく。どだい古代において外国語で書かれたものを、今の日本語にするわけだから、自然な日本語にしようとしても無理がある。自然と一口に言ったって、自分にとって自然なものが、他人にとって自然とはかぎらない。日本語の場合、男言葉より女言葉のほうが丁寧なのが自然、と一般に考えられているのがまず問題。ヘブライ語の動詞には男性形と女性形があって、話し手のジェンダーによって厳然と性差があり、一見して話し手が男か女か分かるのだが、それは決して、丁寧か、丁寧じゃないか、の差ではない。それを、日本語の「自然な」男言葉と女言葉にそのまま置き換えようとするのは、違うと思う。それをすると、人間の関係性を変えてしまう。しかしこの、「自然」という言葉の使い方、どうにかならないものか。しょせん人間の作り出した文化なんだから、「自然」といったって限界があるんじゃないか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

levyyamamori

Author:levyyamamori
山森みか
Mika Levy-Yamamori Ph.D.

以前の日記は
http://www.geocities.jp/mikayamamori/

コメントは承認制なので反映に時間がかかるかもしれません。
連絡は、yamamori @ post.tau.ac.il まで (アットは半角、スペース抜きで)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (228)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。